2007年07月23日

アナニアシヴィリ&ウヴァーロフ『白鳥』

ニーナ&ウヴァの『白鳥』を観に行った(^_^)
変わった演出だと聞いていたが…。

**********

演出・台本改訂・振付改訂 : アレクセイ・ファジェーチェフ
指揮 : ザーザ・カルマヘリーゼ
管弦楽 : 東京ニューシティ管弦楽団

オデット/オディール : ニーナ・アナシアシヴィリ
プリンシパル/ジークフリート王子 : アンドレイ・ウヴァーロフ
芸術監督/悪魔 : イラクリ・バフターゼ

***********

本当だ…1幕の出演者数やそれに伴う衣装&踊りを激しく削減するためか?『白鳥』の舞台前に舞台に備えレッスンしている風景から始まり…パ・ド・トロワなどが入ってから、ウヴァ@プリンシパルダンサーのソロのレッスン…そしてレッスンに疲れ寝入ってしまい…白鳥が登場する湖のほとりに場面転換。
なので、白鳥登場までがかなり早い。

続きを読む
posted by 放蕩主婦 at 16:06| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。