2005年12月04日

「ワダエミの衣装世界」行ってきました〜!

11月26日から12月25日まで南青山にある梅窓院・祖師堂ホールにて開催されている展示会『ワダエミの衣装世界』を見てきました。

wadaemi.jpg

今回の展覧会の入場券の写真です。
キレイで豊かな色♪これを見ただけでもワダエミさんの世界に引き込まれてしまいそうです!

今回はチケットスペースでチケットを購入したので、映画『HERO』で、マギー・チャンが着ていた美しいブルーの衣装…通称?“エミブルー”と呼ばれる色の6cm角の布をいただきました(^_^)
送られてきて手にした小さな布は…本当にキレイな色艶でした…使い道あるのかな?(笑)

オープンは11時からなのでそれを目指して外苑前で待ち合わせ。
思ったよりも駅から近く、10分前くらいに到着。
もうすでに20人くらいの妙齢の(笑)女性が待っていました。

たった20人くらいなのにこっちに並べ、やっぱりこっち…と大仰な仕切りが…。
5分前くらいにポツポツと雨が降ってきてしまいました。
屋根が付いてるところまで入れてはくれたものの、数分早く開けてくれるでも無し…妙齢の女性たちですから黙って待ってるわけも無く…皆さん連れの人たちと文句文句(笑)

しかも、11時になり入り口が開くと…雨宿りの際に列を乱して誘導してしまったので…並んだ順ではなく、一部の後ろの方に並んでた人が先に入ってしまうという事態が!!
文句言うほど長時間並んでるわけでも、バーゲンセールでもないのに…客同士が言い合いになる場面を目撃!!どうでもいいんじゃない?と思いながらも主催者側の仕切りの悪さが目立ちました!

さて、中に入ると…気分は一転。
すばらしい衣装の数々(^_^)
まずは映画『HERO-英雄-』から展示が始まりました。
近くで見ると細かい模様なんかも入っていて美しい!

次にずらっと並んでいるのはオペラ『マクベス』!
2004年の野田秀樹演出…。
貴族の衣装…これがずっと並んでいるんだけれど、このビロード衣装は繊細なグラデーションで青から緑へ移行する約40色の色・色・色。
全部人間が着ていたら圧巻だろうな〜。

次は通路から部屋に入って…来年1月の新春ドラマスペシャル『里見八犬伝』。
昔、NHKの人形劇でやってたのが大〜好きだったんですよね〜。里見八犬伝!
新春ドラマ楽しみです〜〜♪
凄く豪華な衣装ばかりで、現代人には動くのも大変なんじゃない?と思うような重厚感たっぷりのものでした。

映画『LOVERS』…チャン・ツィイーのピンクの衣装で踊りながら周りの太鼓を打つシーンのキレイさは今でも目に浮かびます。
う〜ん、どの衣装の色も本当に美しい。しかも衣装のウエストがメチャ細い!(笑)

それと、演劇『浪人街』。
この展示会の中で唯一本物の衣装に触れることが出来ます(^_^)
この舞台も見たんだよなぁ〜。
唐沢寿明さんの衣装、伊原剛志さん、中村獅童さん、松たか子さんの衣装などが並びます。

シルクの着物はやはり手触りがいい♪
キュッとした感じが、松さんの気っ風のいい役と重なって思い出されます。

唐沢さん、伊原さん、獅童さんの衣装はほとんど同じで色違い。
『舞台の流れの最後で獅童さんは水浸しになってしまうんですが、シルクで大丈夫なんでしょうか?』と係りのお姉さんに聞いてみたところ…
『同じように見えますが、実は獅童さんのだけは“麻素材”なんですよ。』ですって。だからぬれても丈夫なんですね(^_^)
触ってみるとやっぱり手触りも違います!

あれだけ動き回る舞台ですから、男性の着物は4枚ずつ用意されていたようです。

舞台衣装そのものを直に触って見て回れるこのコーナーが一番楽しかったです(^0^)

映画『夢』、音楽劇『コーカサスの白墨の輪』などの展示もありました。

その他、この展示会のために特別撮影されたワダエミさん本人が語るインタビューや韓国映画のフィッティング現場の様子や、中国の染色現場での妥協を許さない仕事振りなどが16分間に収められていて興味深かったです。

最後のコーナーは、お約束の物販スペースでした(^_^;)

余談ですが、『こんなにキレイな衣装を着て映画や舞台で駆けずり回るとなると…特にシルク素材は絶対パールトーン加工をしてるよね(笑)』と話していたら…この展示会の協賛の中に“(株)パールトーン”との表示が…『やっぱりねぇ〜〜』(笑)

興味のある方はぜひ、“色”の世界に浸りに行ってはいかがでしょうか?

イープラスのブログ→http://blog.eplus.co.jp/wadaemi/
ワダエミ衣装世界公式サイト→http://www.ints.co.jp/wada/
エミブルーについて→http://wadaemiworld.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/post_ee17_1.html#trackback
posted by 放蕩主婦 at 23:23| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(3) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

「ワダエミ衣装世界」経験組なんですね。
観覧するのにどのくらいの時間がかかりましたか?
来週、南の島から見に行きます。
楽しみです。
Posted by 南の島 at 2005年12月06日 00:06
南の島さん、はじめまして。

南の島ってどちらですか?
いいですねぇ〜、青い海やキレイな空、雄大な緑を連想します(^_^)

そうですねぇ〜、さほど大きな会場ではないので、ゆっくり見て1時間程度でしょうか?
16分の映像を見ないで、さっさと歩けば、30分くらいで終わっちゃいますよ。

また、感想等をお聞かせくださいね、お待ちしてま〜す♪

Posted by 放蕩主婦 at 2005年12月06日 01:06
初めまして。
行こうかどうか迷ってたんですけど、こちらのブログを見て、私もこれから観に行こうと思ってます。
「LOVERS」の衣装も楽しみですし、観劇した「浪人街」の衣装もあると聞いてこれはもう行かねばと!触れるということなので、唐沢さんや松さんの衣装を触って
きそうです・・
Posted by at 2005年12月07日 22:16
はじめまして…
ぜひ行って見て触れてください♪
私の友人は唐沢さんの衣装に触れて…
「抱きしめていいですか?」とはしゃいでいました(笑)
さすがに、出来ませんでしたけど…(^_^)
行かれたらぜひ感想をお聞かせくださいネ。
あっ、その際はお名前も教えてくださいね♪
Posted by 放蕩主婦 at 2005年12月07日 23:25
はじめまして。
Blog-headlineさんのリンクから飛んでまいりました。
この展覧会、衣装の色彩の美しさにうっとりしっぱなしでした。
日本の伝統的な感覚が生きてる作品って言うのも、さらに良かったです!
『浪人街』シルクと麻の使い分けがいまいち分からなかったのですが、そういう理由があったのですね〜

Posted by gem at 2005年12月08日 00:16
始めまして、けろんさんのBBSで拝見してやってきました!

舞台の「浪人街」観て来たので、行ってみたいと思っているのですが、
「コーカサスの白墨の輪」のもあるんですね、
ますます行ってみたくなりました。
浪人街の獅童さんの衣装見てみたいですね〜
Posted by たく at 2005年12月08日 10:04
gemさま、コメントありがとうございます。
本当に、美しい色彩の衣装ばかりでしたネ。

『浪人街』に関しては、もうひとつ係りの方とお話したのですが…、伊原さんと唐沢さんの衣装の素材は全く同じでしたのに、手触りというか、ヘタリ具合が伊原さんの方が著しくて…
「たぶん唐沢さんの方が着慣れているというか、着崩れ無しで動かれてたのではないでしょうか?」とおっしゃってました(笑)

うん、唐沢さんの動きって無駄がなくてキレてますものね〜(^_^;

そういえば…私が舞台を見た日に、ハプニングがありまして…、確か飲み屋の中でケンカになりドタバタとするシーンがあったのですが、その時伊原さんが机の角で袴を引っ掛けて破ってしまって…
あまりにも大きく裂けてしまったので、会場からもチラホラ笑いが…舞台上のご本人たちも笑いをごまかしながら、唐沢さんがアドリブですぐにそこから立ち去るように…と言って場面転換になった。
ということがあったのを思い出しました(^_^;)

あんなに苦労して染めたお着物なのに…ネ(笑)

Posted by 放蕩主婦 at 2005年12月08日 19:14
たく様、いらっしゃいませ。

たくさんのブログに早々お邪魔してきました。松たか子さんのファンなんですね(^_^)
松さんの「浪人街」の衣装もとっても素敵でしたよ!

私も特にファンってわけではないのですが、串田和美演出『セツアンの善人』で松さんの舞台を見てからは「やはり、只者じゃないわ!」と、彼女の舞台は注目しております(^_^)

ぜひ、松さんの衣装の刺繍のきれいなお着物、見て触ってきてください♪
Posted by 放蕩主婦 at 2005年12月08日 19:22
放蕩主婦さん
こんばんは。ブログにご訪問ありがとうございました。こちらからもTBさせて頂きました。「浪人街」の衣装は役者さんの動きまで記憶していたんですね。そこまで観察が及んでらしたとは、探偵さんみたいですね!それにしても本番中に破けてしまったのですか・・(笑)録画でない、舞台ならではのお楽しみ?でしたね。
Posted by gem at 2005年12月09日 22:43
gemさん、こんにちは。

>それにしても本番中に破けてしまったのですか・・(笑)録画でない、舞台ならではのお楽しみ?でしたね。

本当に…これがライブの醍醐味です(^_^)
ついでに言うと、この日は唐沢さんのお誕生日で、カーテンコールの時に松さんからアカペラでハッピーバースデーの歌のプレゼントがあったのですが、その後皆が一言づつお祝いの言葉のようなものを述べて…その時も伊原さんは笑いながら「本当に、すまん!」…と、会場と唐沢さんからの爆笑を誘ってました(^_^)v

Posted by 放蕩主婦 at 2005年12月12日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10207377

この記事へのトラックバック

ワダエミの衣装世界 - (11/30)
Excerpt: → 展覧会詳細 紅、藍、コーラル、山吹色、橙、若竹色、空色、墨色・・ワダエミの衣装作品に使われるのは、どれも彩度の高い濁りの無い色彩や、古来からの伝統的な場面で使われて??
Weblog: 豊穣の角( cornucopia )
Tracked: 2005-12-09 22:41

ワダエミの衣装世界
Excerpt: 日本人女性で映画「乱」でアカデミー賞を受賞し、 初のオスカーに輝いた、 世界的衣装デザイナー、ワダエミの衣装展が 外苑前の梅窓院・祖師堂ホールで開催されています。 ..
Weblog: 「SHARO代官山」便り
Tracked: 2005-12-18 17:28

ワダエミの衣装世界(オスカー賞受賞デザイナー)
Excerpt: 「ワダエミの衣装世界(オスカー賞受賞デザイナー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2005...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion
Tracked: 2006-10-22 00:00

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。