2006年10月16日

『鼎泰豊(ディンタイフォン)』の小籠包♪

日曜日の夕方の日本橋付近って…食事できるお店で気の利いたところが全然やってない!なので…久しぶりに日本橋高島屋の地下2階の『鼎泰豊(ディンタイフォン)』 へ行って小籠包でも食べるかぁ…ということに。

このお店、台湾から日本に進出してきた当初は結構話題だったんだよね〜。
1番最初は横浜高島屋に入ったの。 ←新宿店だったらしい…
あの頃は横浜在住だったから、横浜高島屋のお店に1時間近く並んで食べたんだよな〜。
           dtf-syoronpo.jpg
               鼎泰豊の小籠包

dtf-syokosyu.jpg瓶出し紹興酒のデカンタ(小)をいただき、つまみにピータンと空芯菜の炒め物をオーダー♪ 両方とも美味です(^_^) ピータンの上の香菜はなくても良かったかな?と思うけど…でも美味しかったです。
 
dtf-kushinsai.jpg ??????|pitan.jpg

小籠包は美味しかったけど…あまり熱々じゃなかった…おかげで火傷しないで済んだけど。本来はハフハフ言いながら熱々のを食べるのになぁ。熱さも美味しさのうち?

〆に旦那は、豚肉と野菜の四川風炒めと海老炒飯をチョイス。

dtf-butayasaisisenfu.jpg dtf-ebicyahan.jpg
四川風といっても辛すぎず…彩りもキレイでした! 海老炒飯もまずまず無難なお味で満足満足♪

dtf-ebimen.jpg私は海老麺をチョイス♪

実は先日、銀座アスター(新宿伊勢丹内)で同じく海老麺を食べたんだけど…よく横浜で食べていたのとは、全然違う味でちょっと不本意だったので…(^_^;)
なぜか、別のお店のココでリベンジ(笑)

そうそう! こういう上品な塩味を欲してたのよ〜。麺は超極細麺です♪ 満足満足!! なかなか美味しいわぁ〜。

はぁ〜、このお店は美味しかったんだけど…イマイチ接客が良くないよなぁ。ヤル気がある人とない人の差が激しいというか。
も少し…あと、ひと口、ふた口で完食って時に…食べてる人間の手前に置いてある使い終わった小皿を下げなくても…(-_-) わざわざ食べる手を止めさせてまで…。
あと、数秒待つだけじゃない…。

最近良く見かける接客だけどね…。オーダーしたものはさっさと出て来ないのに下げるときだけ異常に早い(^_^;) 早く帰りたいのか?って思っちゃう。まだ閉店時間でもないのにね。
これがなかったら、とっても気持ちよく帰れたのに…、残念。

posted by 放蕩主婦 at 15:50| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | おいしい店♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新宿高島屋が最初じゃなかったですっけ?まぁ、どこが最初でもいいんだけれどね^^;; 

私は台湾で初めて行きました。小龍包も噂通り美味しかったけれど、なんとなく頼んだ黒ゴマあんまんが超・超絶品で!!!たらふく食べた上に、追加注文しちゃいましたw 

日本で出店してから暫くはすんごい行列で、なかなか並ぶ気になれず、1回しか行っていませんが、今は、どんな感じなんでしょうね。小龍包よりも、あんまんを食べたいですね。
Posted by げんた at 2006年10月16日 22:47
最近の評判の店と言われる店の多くが
接客面で問題を抱えています
店は商品の味・価格・接客面・雰囲気の
どれかが欠けても良い店ではありません
味については職人気質的な要素が強いですが
接客は真面目に勉強したらお客さんに
満足してもらえる要素が多いはずです
この店も残念な結果でしたね・・・
Posted by アガラ at 2006年10月16日 23:27
げんたさん、いらっしゃい♪
>新宿高島屋が最初じゃなかったですっけ?
あっそうですか? 間違えちゃったかしら?
すいませんm(__)m

げんたさんは、本場で体験済みなんですね(^_^)
実は…まだ未定ではあるんですが、台湾に行こうか〜なんて話が持ち上がってるので実現したら本場の鼎泰豊に行ってきたいと思ってます。

「あんまん」が要チェック! なんですね〜。
忘れないようにメモっておかないと!!

Posted by 放蕩主婦 at 2006年10月17日 10:21
アガラさん、こんにちは。
>店は商品の味・価格・接客面・雰囲気の
どれかが欠けても良い店ではありません

そうですよね〜。
接客って誰でも出来るけど、誰にでも向いてる仕事じゃない、と私は思ってます。
やはり、接客業を好きな方がやるべきですよね。
しかも、アガラさんがおっしゃるようにある程度は勉強で出来るようになると思いますが、そこから先は、センスとかお客様を思いやる“気持ち”が大事なんではないでしょうか。
こうすれば、心地よく過ごして頂ける…とか、こうした方がスムーズで気持ちがいいはずだ、とかね。
相手に喜んで頂くにはどうすればいいのか?もう、イマジネーションの世界ですよね…そこまで行くと(笑)

Posted by 放蕩主婦 at 2006年10月17日 10:28
こんにちは。。
鼎泰豊は台湾に行った時に、あまりの行列と表に「高島屋に出展します」という張り紙があったので、「日本で食べようと」と退散した覚えがあります。。(^^;

ちなみに話題になっている”接客”ですが、私のblogでもその部分は大きなポイントにしてますよ。接客がアウトなら、酷評です。。(^^;
で、台湾に行かれるとのことですが、台湾で”接客”を期待するとかなりガッカリすると思いますので、その点は割り切って楽しんでみてください。。(^^;
Posted by otakira at 2006年10月19日 08:26
otakiraさん、いらっしゃい。

先日行った時の鼎泰豊では、もっと色々あったんですよ〜、実はね。
最初に案内されたテーブルは空席もたくさんあるのに、一番端の2名掛け席で…なぜかそこだけ周りも満席状態で…(笑)
さすがに、席を替えてもらいましたけど、その時の対応もマネージャーに聞かないと…とかいってかなり待たされ…。

その後もオーダーが通ってなかったらしく、紹興酒以外何も来なくて…ビールもピータンも何も…。

で、極め付けが…お会計の際。レジの女性が、店外に出て行くマネジャーを呼び止めようとして、おつりを渡すその最中に真後ろを向いて「マネジャー〜〜」とか叫んで…こちらの顔も見ず後ろ向きのままお釣りをよこす始末。
しかも、すいませんでもなく…そのまま振り向いたマネジャーに用件を話し出して…。
その、店長だかマネジャーもそのレジ係りを叱るでもなく、普通に会話してた(^_^;)
ありえないっ!!

日本でも台湾流の接客って事でしょうか?(笑)
さすがは本場仕込み!!
だからたぶん、台湾へ行っても大丈夫です(^_^;)
otakiraさん、ご忠告ありがとうございます。

Posted by 放蕩主婦 at 2006年10月19日 11:00
こんばんは。。

ちなみに、本場は飲食店はおろか、デパートまで、そんなレベルじゃありませんので。。(^^;
あと、台湾在住の友人がHP持ってますから、ご参考にどうぞ。。
http://www.livetaiwan.jp/travel/restrant/index.html
Posted by otakira at 2006年10月22日 00:19
鼎泰豊の小龍包は美味しいですよね。
私は本場台湾の本店で初めて食べました。
こんなに安くて美味しいものがあるなんて!って感動しましたもん。
勤め先が日本橋なのでお昼休みにランチセットを食べに行ったことがありますが、その時はアツアツの小龍包がちゃんと出てきましたよ。
なのでお客の回転が早いお昼時に行ってみるといいかもしれませんね☆
Posted by mi-junn at 2006年10月22日 10:59
mi-junnさん、いらっしゃい♪
そうですね〜、鼎泰豊の小龍包は美味しいです。
本場台湾…みなさん行ってらっしゃるんですね(^^)

日本橋の鼎泰豊も回転が速いときなら大丈夫ですかね?
ま、私が行ったのは日曜日の夜だったので一番気が抜けてしまう時間帯だったのかもしれませんねぇ〜。

Posted by 放蕩主婦 at 2006年10月23日 10:36
otakiraさん、こんにちは。
…そんなレベルじゃ…というのは、もっともっと悪いってことでしょうか?(^^;
心して臨みます!! (笑)

さて、「ライブ台湾」見てきました〜!
ありがとうございます♪ 有益な情報満載で今からどこに行こうか楽しみです。
中でも…「盛園」「安和担仔麺」「金海岸」に、すっごく興味を持ちました〜。
台湾に行けた暁には、必ずや立ち寄りたいと思います!
↑って本当に行けるのか?台湾…(^^;
Posted by 放蕩主婦 at 2006年10月23日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25578564

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。