2007年04月11日

東バ 『白鳥の湖』♪

東京バレエ団の『白鳥の湖』を観てきました。

オデット/オディール:ポリーナ・セミオノワ
ジークフリート王子 :フリーデマン・フォーゲル

幕が上がると、一斉にコールドの皆さんが出てくるわけですが…背の高さが揃っていてとてもキレイ。衣装とセットが少し子供っぽいような気もしましたが、とても可愛らしく小柄なダンサー達に似合っているな〜というのが第一印象でした。第1幕では、身長だけでなく、その後の踊りも良く揃っていました。ただ、その後の白鳥になると…若干揃わず乱れたところも見れてとれ、ちょっと惜しい気がしました。第1幕のように揃っていれば…もっと美しかったのに。

パ・ド・トロワやソリスト級のダンサーもとても上手くて、ダンサーの層の厚さを感じました。

王子@フリーデマン・フォーゲル君は、丁寧な踊りとしなやかな柔軟性豊かな踊りで、楽しませてくれました(^_^) 欲を言えば…若いんだから、もう少し溌剌とした感じがあっても良かったかな? とも思いましたが…。

オデット@ポリーナ・セミオノワ…ちょっとメイクが濃いかな? と思わなくもなかったですが美しく良い出来でした。力強く、美しく、長〜い腕・脚を余すことなく使い、こちらも丁寧に踊っていたと思います。私の好きなヴィシニョーワに印象が近いかもしれません。ヴィシほどにはダイナミックではなかったと思いますが。あの“粘っこい” 感じ、嫌いではありません(^_^;)

この二人が一緒に踊ると…ソロで踊っていた時とは違う…なんともいえない雰囲気が二人の周りに漂うような気がしました。不思議なくらいとてもピタッと合ってるんです。

オディール@ポリーナは妖艶でとても良かった。パ・ド・ドゥでは、特にコーダよりもアダージョが素晴らしかったです。とはいえ…私は彼女のオデットの方がもっと好みでしたけど…。

白鳥の湖って…ラストの演出等で突っ込みどころは数々あれど…やっぱりいいよねぇ〜(^-^) 特に美男美女が主役なのはとってもいい♪
また、この2人で組んだ別の演目を見てみたいなぁ〜と思わせるカップルでした!!

posted by 放蕩主婦 at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38429863

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。