2007年07月26日

『カーオ・パット・バイ・ガパオ』を作ってみました♪

去年の4月頃からマイブームの『カーオ・パット・バイ・ガパオ』。
なんのこっちゃ??と思われる方も多いと思いますが…早い話が、『鶏肉のバジル炒めご飯』のことです(^-^)/

           gapao.jpg

去年の4月に今の場所に会社が引っ越して…近くに「ティーヌン」があったから、それでハマッちゃったんです〜。まー本物志向のタイ料理マニアの中では、ちょっと日本人向き過ぎて邪道だって話もあるらしいけど…。でも私は、食べるたびに、これって家で作れるよな〜って考えてて…それでレシピを探して作成!

けっこう美味しく出来ましたよ(^0^)
一つだけ難点が…青唐辛子で手がかぶれちゃって…(T_T)
青唐辛子の刻んだものの瓶詰めとか売ってないですかね??




*****
ラベル:ガパオ
posted by 放蕩主婦 at 15:12| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそう〜。
イメージではピリ辛な味なんでしょうか。バジルが効いて口当たりが爽やかな感じがします。
タイ料理だったかシンガポール料理だったか、東南アジアの惣菜って、日本の味に近いなあと思ったことがありました。

お手て、大変でしたね。S&Bだったかな、スパイスをずらーっと並べた展開をしていたような記憶があるんですけどね。普通のスーパーでも並んでましたが、なければ高級スーパーに行くしかないかもしれないですね。ア○キあたり、どうですか?

ところで、放蕩主婦さんは新宿にお勧めのcafeってありませんか?新宿へ出向くと、いつもcafe難民になるんですよ。
Posted by ナン at 2007年07月29日 16:08
フフフ…美味しいですよ。
ピリ辛で…でもオイスターソースも入ってるからちょっと甘みも感じるっていうのかな? 

>タイ料理だったかシンガポール料理だったか、東南アジアの惣菜って、日本の味に近いなあと思ったことがありました。

あ〜そうらしいですね。蒸し暑い系の国には近寄らないようにしてるので本場の味は良く知らないんです。

ホント、お手て…かゆいです。もともとアトピーが少しあるので、ちょっとおかしくなると尾を引くようです(-_-;)
そそ、私もア○キを狙ってたんですが…フラ〜っと立ち寄った日比谷シャンテのB1のお店で、ハラペーニョのスライスしたものの瓶詰めをゲットしてみました。今度これを使ってみようと思います。

さて、新宿のcafeですか…私、あまり新宿へは行かないもので…お役に立てずにスイマセン。私が新宿に行くのは、たいがい伊勢丹に行く時なので、その中で済ませてしまうことが多いんです。
Posted by 放蕩主婦 at 2007年07月30日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。