2007年11月19日

『HONGCHO ぶるだっく』へ行きました♪

辛いもの好きな私は、このお店が出来たと聞いたときにすぐにでも行きたいと思ってましたが…同伴者を選ぶお店だからな〜と、行けずにおりました。

そのお店は 『HONGCHO ぶるだっく』 というお店で、韓国で話題になっていると数年前に聞いて…たしか、2年位前に東京に進出してきたんだと思います。

ぶるだっくとは、一度蒸した鶏のもも肉を一口大にカットして、辛い特製タレに漬け込んでから直火で焼いたものです。


burudakku1.jpg burudakku2.jpg
これが“ぶるだっく”2人前なのかな?上記の量で1,600円です

辛い物好きと見込んで誘って行った、たまたま別件で北陸から遊びに来ていたSDちゃん。
一口食べるや否や…
『ひゃ〜辛〜い。もう食べられない〜!小さいのを探そう…』って大げさだよ〜!
確かに辛くて…顔も赤くなるし、汗も大かきだったけど(^^;)
せっかく来たんだから食べなさいよ〜!

で、サンチュを追加注文して…
それでも、『3個続けて食べたから、もう食べれない〜』って!!
アナタ! 辛い物好きなんじゃないの??(笑) 

見ている分には面白かったけど…。はっきり言って…サンチュ巻いて食べたらぜ〜んぜん辛くないのよ(笑) もう!!ずっと楽しみにしてた「ぶるだっく」なのに人選を間違えたわ(笑)

なので、チーズぶるだっく、マヨぶるだっくなんかも注文してみたかったけど、さすがに言えず…(-_-;)

burudakku-nurunji.jpg burudakku-sarada.jpg

このお店、ぜんぜん辛くないメニューってあまりないんだけど、このおかゆみたいな「ヌルンジ」というものは、韓国ではポピュラーな食べ物らしく…麦飯のおこげにお湯を足したようなもの。はっきり言って日本人には香ばしい白湯みたいな感じ。そういえば、ソウルに行った時の宮廷料理にこんな感じのものがちょこっと出てたような気がするな…。右は普通の海鮮サラダ。これは辛くなかったです。

burudakku-sunagimo.jpg burudakku-ebimayo.jpg

左の「砂肝のオーブン焼」はにんにくとわさびの風味で少しピリッとしてたかな。右は、SDちゃん用にと思い辛くないもの…と探したもう一品「レットえびマヨネーズ」は通常のえびマヨだけど、これもピリッと辛かったような気がします。

なんといっても、ぶるだっくを食べた後だから、ピリッと辛いくらいはぜんぜんどうでもよくって…。

ぶるだっくは、甘みと旨味と辛味が混然一体となっていてクセになる辛さ。帰りの電車の中でも顔とお腹の中がポッポしてたから…過ぎた刺激は身体には良くないかも(^^;) でも、なんだかまた食べたい!
やっぱり辛いもの好きだわ〜。

件のSDちゃんからも 「また、ぶるだっくが食べたい」 というメールが来ましたが…
「 もう少し修行してから来てください m(__)m 」 とこの場を借りてやんわりとお断りします(笑)

興味のある辛い物好きな方は、ぜひ行ってみてください。


***************************

『HONGCHO ぶるだっく』

***************************


*****
posted by 放蕩主婦 at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースポット・チェック! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67567571

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。