2007年11月28日

『ウーマン・イン・ホワイト』

友人のHさんから招待券をもらって『ウーマン・イン・ホワイト』を観てきました。このミュージカルは、トニー賞を受賞したブロードウェイミュージカルの傑作で…日本初上陸なのだとか…。

楽しみにしつつも、な〜んの予備知識もないままに無防備に観にいったんだけど、良く出来た面白いミュージカルでした(^-^)

しかも、出演者の方々はみなさん歌が上手ですごく心地よかったですよ〜。ミュージカルなんだから当然じゃん!!って思われるかもしれませんけど、本当に聞き応えがあって惚れ惚れしました♪

なんといっても、笹本玲奈ちゃん。
いろんな舞台で彼女を観ていてすでに実力はわかりきっていましたが…彼女は声量もあるし、感情豊かに歌い上げて…秀逸の出来でした(^^)v しかし…彼女がまだ22歳だったとは驚き(*_*;)

別所哲也さんは以前も何度か拝見してますけど…こんなに高音がきれいに出るとは…なぜか気づいておりませんでした。再発見しちゃって、得した感じです。

そして、神田沙也加ちゃん。初めて彼女を観ましたが…透き通るような澄んだ声が美しかったです。ちょっと表情が硬かった気もしますが…後半はストーリー上仕方ないのかな? もっと迫力のある歌は唄えるのかな?他の舞台でももう一度観てみたいです。

石川禅さん。突然キレちゃうキャラもすっかり板についていて…最後の方は本当に見ている私までムカついちゃうような嫌な男を熱演されていて…やはり上手いですね〜。

上條恒彦さんも、当然ながらイイ味出してました。ひょうきんで洒落っ気のあるイタリア男、ただそれだけの男と思わせておいて…。ちょっと憎めないような男の嫌らしさがたっぷり出ていて、シリアスなだけになりがちの舞台に、ピリッといいスパイスを振りまいてくれてました。終盤の笹本玲奈ちゃんとの恋と陰謀の駆け引きの中での歌と演技には、グッと惹き付けられました。

冒頭からずっと謎を握って、狂気のようなテンションの高い演技を続ける山本カナコさん。彼女の迫力のある歌声で、一気に舞台に引き込まれました。

そして…舞台終了後には、この日ともう1日予定されているらしい…ミニトークショーがありました。音楽監督であり指揮者の塩田明弘氏の司会で、石川さん、笹本さん、別所さん、光枝明彦さんの4名が舞台に残ってくださいました。

みなさん、舞台とはうって変わって和やかな雰囲気で楽しそうにお話をしてくださいました(^^) アンドリュー・ロイド=ウェバー氏の楽曲がすごく難しいことや、役作りの上で苦労したこと。それぞれが一番好きな場面などなど…短い時間でしたけどとても楽しかったです♪ 

その中で一番興味を持ったのは、この舞台は場面転換が多く、ブロードウェーでは映像を用いていたところを、今回は映像は使わずに全て舞台を作り上げて見せた…というお話でした。場面が飛ぶので、ともすれば、わかりにくくなるところを…なるべく、観客がわかりやすいように作ることに苦心されたということでした。

ぜ〜んぜん、わかりにくくなんてなかったし…お屋敷も、そのまわりの大自然も、ロンドンの雑踏も、線路も、暗い墓場も、精神病院も…その場に置いて行かれることなく、付いて行けましたよ(^-^)v

いろんなお話を聞いていると…とっても、いいチームでお仕事をされてるんだなぁ〜という空気がこちら側にも伝わってきて、優しい気持ちで劇場を後にしました!

このミュージカルなかなかお薦めです!
興味のある方はぜひ観てみてくださいね〜♪


*****
posted by 放蕩主婦 at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。